Home > 皮膚科
水虫顕微鏡による診断を行い、内服、外用による治療を行います。
イボ・タコ・うおのめそれぞれで治療法が異なるため、適切な診断が必要です。
あざ茶あざ治療にはQスイッチルビーレーザーを用いて治療します。
数回の治療が必要になります。
にきび適切な生活指導を行うと同時に、
ニキビに有効とされている外用薬による治療を行います。
症状に応じて抗生剤の内服、外用を追加します。